85 view | 2018/05/31 00:00

都会のマタギと田舎のマタギ その6 第7回を迎える’奥会津日本みつばちセミナー’

都会のマタギと田舎のマタギ その6 第7回を迎える奥会津日本みつばちセミナー


2011年の東日本大震災の直後から東京赤坂に開設した‘オフィス・コロボックル’は

翌年には福島県会津若松市の(株)オサダさんの理解を得て、‘オフィス・コロボックル会津’、その時オフィス設計と使った杉材のご縁から、奥会津三島町の佐久間建設工業(株)さんのご厚意で再生古民家で‘オフィス・コロボックル奥会津’を開設し3拠点体制になった。

田舎のマタギの猪俣さんを中心に、この3つのオフィスのボランティが協力して奥会津金山町で始めた「奥会津日本みつばちセミナー」が今年で7回目を迎える。金山町は人口3,000人の福島県でも最も高齢化率の高いところだが、猪俣さん、玉梨温泉恵比寿屋さん、町や観光協会、會津熱中塾のボランティアの皆さんのお蔭でセミナーには400人以上の参加者を数え、毎回宮崎県、広島県など遠隔地からも来ていただいている。


猪俣さんや佐々木正己玉川大学名誉教授の講師の人気に加えて最新のネットを活用する力のある若手のボランティアが縁の下で活躍している。

IBMのPC事業の時からの友人である、ビルトッテンさんが京都に移り住み、そこで日本みつばち飼育を始めた。ビルからその指導者の息子さんである志賀さんを5年前に紹介いただいた。

IT企業に勤務した彼はお父さんの趣味である日本みつばちの飼育情報をネット上に展開する、本を出版する、京都ニホンミツバチ週末養蜂の会を立ち上げてネットで趣味としての日本みつばち飼育情報サイトを着実に充実してきた。彼にはセミナー第1回開催から、WEB申込みサイト構築とネットによる集客などで協力していただいている。


日本のIT企業を退職し、シリコンバレーで修業して帰国した後、どうするのかと思ったが、なんとこれまで継続してやって来た日本みつばち関係の事業に専念することにしたのだ。志賀さんの運営するみつばちQ&Aのネットサイトは全国の日本みつばち愛好家、趣味人たちのたまり場としてその後も成長しており、SNSと通販をうまくアレンジしたメディア型サイトとして、今では5000人の会員が交流するサイトに成長し、趣味としての日本みつばち愛好家の普及に大いに貢献している。


この奥会津日本みつばちセミナーから、マタギの‘奥会津日本みつばちオーナー制度’が生まれ熱中通販という売り場で販売に成功している。地方創生は、まず仕事を作り、人が増え、町が栄えるという順番で全国各地で官民あげて取り組んでいるが、私は仕事を新しく持ってくる’誘致‘という事は大事だがとても大変なことで、今すでにある仕事の担い手に若者が後継出来るようなしくみ創りと売り場の提供が大切と考えている。


まずはこれまで見落とされている、特に都会の人が注目するものに正当な値段をつけること。価値を正しく伝えるネットメディアを得ること。そして来ていただき、地元の魅力を体験していただくこと。人口減がゆっくりと引き潮のように起きている過疎の地で、それはとても難しいことのようだが、ネットの時代の若い人は私たちよりももっとしなやかにそれをやってのけていくのではないだろうか。7月1日(日)-2日(月)のセミナーで金山町まで出かけてくれる方々と秘湯の玉梨温泉に入り、一年ぶりに酒を飲みかわすたびにまた盛り上がって‘来年の開催はいつがいいですかね?’になってしまうのだ。


みつばちQ&Aサイトーーーーーーーーーーーーーーhttps://38qa.net/

第7回奥会津日本みつばちセミナー申込みサイトーーhttp://okuaizu38.info/

このユーザーのおすすめブログ

あれから7年。

あれから7年。

0堀田 一芙


  • コメント0件