405 view | 2019/06/20 21:54

「生駒高原どげんかしたい」川口さんのパッション

6月熱中さんもく教員室は熱中人Talk Live、

熱中人はフラワーブティック「Andersen アナーセン」オーナー川口のり子さん(宮崎こばやし熱中小学校)です。


「生駒高原どげんかしたい!」というパッションを持ち、いろいろと奔走されています。


生駒高原は、春はポピー、秋はコスモスが咲き乱れるすてきなところです。生駒富士もきれい。しかし花が咲いてる時以外は誰もいない。もったいない!


夢は生駒高原ガーデンで地域活性化。

「ポピーやコスモスも織り交ぜ、いろんな花が咲いたらいいよね」と川口さんは夢を膨らませて、市役所に相談したら「市の土地ではないので。。(企業の土地)」で、頓挫しています。


もともと川口さんは証券会社の経験もあり、今はフラワーブティックを開き、宮崎発のビオラを広めてます。有名な育種家さんとの出会いとか。。「全てビオラが繋げてくれている」と宮崎さん。


生駒高原を近年注目されてるナチュラリスティックガーデンにするとか、ラナンキュラスやバラとか植えたりするといいのでは。と、構想は膨らみます。資金や継続性など、課題はいろいろとあるけど、少しずつ人のつながりができてきているところです。


さあ、どうしよう。

参加者のみなさんでいろんなアイデアを出し合いました。こばやし熱中小学校の部活動に発展するかな?楽しみですね。

このユーザーのおすすめブログ


  • コメント0件