462 view | 2019/07/05 19:08

シアトル熱中小学校修学旅行記 その② ジャパンフェアについて

高畠熱中小学校の長谷川です。引き続き修学旅行記書いていきます。

シアトル修学旅行29日、30日はJAPANFAIRへ参加してきました


ジャパンフェアはベルビューにあるメイデンバウアーセンターで開催されの日本のアート、文化、食、ビジネス等が紹介されるイベントで、今年で4回目の開催となります。シアトル熱中小学校の校長の清水さんはジャパンフェアの実行委員長も兼ねており、熱中小学校のブース出店が実現しました。


メイデンバウアーセンター外観


熱中小学校ブースが一同に介する


ブースでの販売について

熱中小学校ブースは会場の入り口入ってすぐの一番目立つ所に設置いただきました。

全国各地の熱中小学校から事務局、生徒が一同に海外の地で出店するというかつてない場です。

高畠からは熱中通販でも販売している「仙太郎下駄」の販売を行いました。

来場される方は日系人の方や日本に興味関心を持っている方が多く、

日本語で話しかけても通じる方が結構いらっしゃいました。

私は片言の英語で中々販売まではこぎつけるは難しかったのですが、

生徒で英語の講師をされている豊嶋さん、高畠の教頭先生を務める宮原教諭を中心に、

販売してもらった所、見事完売しまして皆様へ感謝です。

現地の日系人の皆さまはみなさん現地で様々活躍されており優しく、

故郷を懐かしく思っている方が多いのが印象的でした。

「どこから来たんですかー」とか「地元が近いですよ」というようなお話が、

飛び交っていたように思えます。


ブースでの販売の様子


高畠の美人親子が着物を着て販売


熱中小学校の授業も実施

メイン会場のある1階から少し離れた4階のセミナールームにて日米熱中小学校の授業が行われました。

高畠熱中小学校からも内海校長先生、宮原教頭先生が教鞭をとり会場をにぎわせました。

山田玲子先生の授業では山形のだしおにぎりを振る舞いっていただきました。

セミナールームでの授業の様子


熱中連での阿波踊り

メインステージでの一大イベントとして徳島上板熱中小学校の「岡秀昭」連長を筆頭に熱中連として阿波踊りを踊りました。会場にお越しいただいた皆さんと一体となって踊っていたのがとても印象的でした。

ステージ上では一般の方と一緒に阿波踊りを踊った


熱中連の皆さん


ジャパンフェア終了後はGALAパーティ

ジャパンフェア1日目の終了後は出店者や主催者が集まってディナーをするGALAパーティが行われました。

チャリティパーティを兼ねており、途中途中でチャリティくじ引き大会や寄付オークションも行われていました。

こういった文化はアメリカならではだなと感心してしまいました。


GALAパーティ終了後 高畠修学旅行生


今回のフェアではシアトルに移り住んだ日系人の方とおぼつかないながらも交流してきました。

現地の生徒さんからは日本とシアトルの熱中小学校生徒同士でディスカッションする場を設けたいなんてお話もあり、そういった場が実現していくのは今後の海外校との新しいつながりとして素晴らしいなと感じた所でした。日本にいると国同士の問題や関係性についてどこか他人事のように思えていたのが、とても身近で大切な事と感じられました。


今回の記事はここまで、次回はシアトルの観光情報なんかを書いていきます。

このユーザーのおすすめブログ


  • コメント0件