1333 view | 2019/08/02 00:00

サクッとジューシー!旨味がギュっと詰まったアジフライ

フライの定番の一つアジフライ。学生の時以来食べてなかったのですが、飲み会でアジフライを久しぶりに食べたらお酒に合って美味しい!最近のお酒のお供の一つがアジフライになっているスタッフSAKIです。


アジフライを自宅で作る時は一から作るよりも衣まで付いていて揚げるだけのものを買うことが多いですよね。これがもし、港に揚がったばかりの新鮮なアジを使ったらきっとさらに美味しいだろうなと思いますが中々ご自宅では難しいですよね。


しかし、港にある食堂で出るような新鮮なアジフライを自宅で食べることが出来るんです!


それは鳥取県境港で取れた山陰の海の幸の恵みを全国にお届けしている「株式会社さかい大黒屋」さんのアジフライ。

最初パッケージを開けた時は少し小さいかなと思ったのですが、小さいのには訳があるんです。家庭で使う天ぷら鍋ってそんなに大きくないですよね。大きいものを1枚ずつ揚げると時間もかかりますし、最後の1枚が揚げ終わる頃には最初に揚げたものが冷えてしまったり。女性の手のひらサイズなので2枚同時に揚げることが出来ます。

小さくても程よい厚みがあり、火が通りやすいのにふっくら。


揚げたてにソースをかけて・・・と行きたいところですが、まずは何もかけずにそのまま食べてください。「サクっ」とした音の後にアジの風味が口いっぱいに広がります。

「アジフライってこんなに味がしたっけ?」って思ったくらい新鮮でした。

それもそのはず、境港産の取れたての真あじの中でも、脂がのって身の締まりが良いものを厳選しているからなんです。しかもこの衣がまた良い!市販の乾燥したパン粉ではなくて生のパン粉を使っているので、カリっと揚がってサクッとした食感になってアジを引き立てていました。


一人暮らしだと揚げ物って敬遠するのですが、また揚げて食べたくなる美味しさでした。



フライとして食べる以外にも、カツ丼ならぬアジフライ丼にしたり、パンと合わせても相性バツグンでした。あまり骨が気にならないアジフライなんですが、背骨を抜いてハンバーガーにすれば魚嫌いのお子さんでも喜んで食べてくれそうです。


メインのおかずにも軽食にもピッタリなアジフライでした。

酒飲みSAKIはもちろん晩酌のおつまみです(笑)

このユーザーのおすすめブログ

赤にまつわる話

赤にまつわる話

0熱中通販事務局SAKI

熱中通販事務局SAKI

美味しいものを食べるの大好き!な熱中通販事務局スタッフ。 野菜はファーマーズマーケット等で農家さんから購入し、自宅の調味料は全て無添加等、自然食品や天然素材好き。 料理はするが、食べさせる人がいな...

美味しいものを食べるの大好き!な熱中通販事務局スタッフ。 野菜はファーマーズマーケット等で農家さんから購入し、自宅の調味料は全て無添加等、自然食品や天然素材好き。 料理はするが、食べさせる人がいないので、手料理が美味しいのかどうか分からない、という割とどうでもいいことで悩む一人暮らし女子。 独自視点(orナナメ上!?)で熱中通販商品をおすすめしていきます。


  • コメント1件

江藤 政親

2019/08/30 15:26

僕も作ってみたけどめっちゃうまかったです。

送信