852 view | 2020/08/08 07:04

熱中ライブラリー その2 田澤由里社会科教諭 在宅勤務が会社を救う


2014年2月出版されたテレワーク草分けの書、現在AMAZON Kindle版が無償で提供されています。

2014年山形県高畠町の廃校再生資金を得るために、総務省のサテライト実証実験に役場と応募して出会ったのは、全国のプロジェクト責任者だった田澤さん。この本を読み、何回もご指導を受けてなんとか7つある2階サテライトオフィスやWIFIなど整備して、現在も満室となっている。当たり前のことですが国の実証実験の後もちゃんと継続しているのは高畠熱中小学校の頑張りです。この本でいくつかのテレワークの必要性の一つとして取り上げられている‘災害時の事業継続’がコロナの影響で一気に来てしまったが、テレワークの目的や導入プロセスなど、この本を読んだほうがよろしいでしょう。

田澤さんは、北海道教育委員会委員に就任以来、教育のネット利用にも取り組んでおられます。

高畠、更別、口熊野の熱中小学校で授業していただきました。

このユーザーの投稿ブログ

もっと見る
あれから7年。

あれから7年。

堀田 一芙


  • コメント0件