田舎と都会の生蜂蜜セット

株式会社オフィスコロボックル

  • 普通便
  • 在庫終了
  • 送料込み

商品特徴

特徴1
奥会津と横浜の2人のマタギ 【奥会津日本みつばちの会会長 猪俣昭夫】 現存する数少ないマタギのひとり。亡くなった父親から引き継ぎ、現在もマタギとして奥会津の自然と共生しながら生活を営む。 【奥会津日本みつばちの会横浜支部長 堀田一芙】 横浜生まれ横浜育ち。慶応大学卒。大手企業の役員を歴任。 猪俣さんとの出会いをきっかけに、自然の恵みによる自活を目指し、自らを都会のマタギと名乗る。
特徴2
蜂蜜市場わずか1%の日本ミツバチの百花蜜を産地別に食べ比べられる奇跡のセット 日本に生息するミツバチは、採蜜のために家畜化された外来種の西洋ミツバチと、野生として自然界に生息する日本在来種の日本ミツバチの2種が存在します。日本蜜蜂は人の手による飼育が難しいため、日本ミツバチの蜂蜜は市場ではわずか1%しかありません。 そんな、ただでさえ入手が難しい希少な日本ミツバチの蜂蜜を「奥会津」と「横浜」という、産地別にセットにしたのが【田舎と都会の生蜂蜜セット】です。
特徴3
日本ミツバチの蜂蜜は、その土地の味を表現する 西洋ミツバチは1種類の花の蜜を集める習性があるため「○○の花の蜜」と呼べる蜂蜜を作りますが、日本ミツバチは行動範囲の中から季節ごとに咲く花の一番いい蜜を集めるため、1年を通して色々な花の蜜をミックスした蜂蜜を作ります。これを百花蜜と呼びます。つまり日本ミツバチの蜂蜜は、その土地の花の味をブレンドした「土地の味」とも言えます。 田舎と都会の生蜂蜜セットは、日本ミツバチの聖地「奥会津」の森の味と、「横浜」という都会に咲く花の味を食べ比べることが出来る、他ではまずお目にかかれない商品です。 奥会津 主な蜜源 栃の此花 キハダの花 山桜の花 かえでの花 もみじの花 くりの花 横浜 主な蜜源 木苺の花 ルッコラの花 夏みかんの花 桜の花 梅の花 琵琶の花
特徴4
猪俣昭夫(田舎のマタギ)という男 奥会津の山の中で親子2代にわたり「マタギ」という職業に従事している人がいます。奥会津日本みつばちの会会長、猪俣昭夫さん。長年にわたり日本ミツバチを飼育し、田舎の蜂蜜を採取しているのがこの人です。 マタギとは東北地方で古来より狩猟で生計をたててきた、日本列島唯一の狩猟民族です。山を神と崇め、獲物は山神の恵みとし、必要以上の乱獲はせず、厳しい戒律で自らを縛り、自然と共生してきました。ただ獲物を狩猟するハンターとは違い、自然のバランスを取るために動物、植物、魚、昆虫などと対話しながら生活を営んでいます。 自然と共生することの大切さを誰よりも理解し、実践しているのがマタギです。 蜜が出る植物は受粉しないと実が出来ません。ミツバチが花を受粉させることで植物は実を作り、動物がそれを食べ、動物の体の中で運ばれた種が糞とともに地面に落下し、植物が新たな命を発芽させます。この食物連鎖においてミツバチは非常に大きな役割を担っています。 ミツバチがいないと植物は子孫を残せず森はなくなります。そうなると熊も鹿も鳥も棲めなくなります。 それどころではありません。アインシュタイン博士は、もしこの世からミツバチがいなくなると人間は4年しか生きられない、と言ったそうです。作物種の食料のうち、7割はミツバチが受粉しているのです。 ミツバチを守ることは、人間を含めた動植物の生態系を守るということなのだと、猪俣さんは言います。 堀田一芙(都会のマタギ)という男 横浜で生まれ育った堀田さん。2013年に会津の風評被害対策プロジェクトを通して猪俣さんと出会いました。そして猪俣さんの生き方に深く感銘を受け、横浜にある自宅でも出来る限り自然の恵みで自活し、マタギの精神を学ぼうと考えた結果、日本ミツバチの飼育をはじめることになります。 幸い自宅の敷地は高台で200坪あり、樹齢100年近くの桜の木をはじめとして、庭は緑豊かな環境です。そしてそこに暮らす日本ミツバチの行動範囲には、百樹の森と呼ばれる県立三池公園や総持寺、鶴見川の河川敷などがあり、他にも小さな森が現存していて、ミツバチたち の採蜜には事欠きません。横浜の暖かい土地柄と、花の蜜を巡っての昆虫の競争相手が比較的少ないためか、奥会津と比べ蜜の収集は早いようです。 日本ミツバチを飼い始めてからというもの、堀田家の庭にはたくさんのトカゲが住み始め、それを追うように、シマヘビ、ヒキガエルもハチを目指し、空には、燕の往来が増えました。 自らを都会のマタギと名乗り、自給自足を目指す堀田さん。「横浜で自然と共生する生活」は、もう目の前にあるようです。
特徴5
奥会津の蜂蜜は2年熟成の濃厚な味わい 田舎のマタギの蜂蜜は糖度を上げるため初年度の採蜜を見送り、2年物の蜜を採取しています。 また、熟成蜜は巣に溜めている時間が長い分、糖分分解が進むため、味や香りのまろやかさ、栄養価も格段に上がります。 横浜の蜂蜜はさらりと爽やかな味わい 都会のマタギの蜂蜜は透明度も高く、あっさりとした味わいです。 船の汽笛や教会の鐘の音が響く、おしゃれな港町横浜にふさわしい、洗練された上品な風味を醸し出しています。 イタリアン トラットリア ギヘイ 飯田シェフ http://ghihei.com/ 飯田シェフは、年末は限定でおせち料理を作って販売しています。昨年のメニューには沖縄県産 アグニュー豚の煮込み バルサミコ風味 鴨のローストに堀田さんのはちみつを使っていただきました。肉との相性がいいのは、通常の蜂蜜(西洋みつばち)の甘い!という感じではなく、濃厚な甘さでも切れがいいというところで、肉のうまさを引き出すのだそうです。 料理研究家 山田玲子さん 横浜の住宅街にある堀田家は、数年前から蜂蜜作りをされていました。奥会津の猪俣師匠の指導の元、同じ様にこの地で採蜜しています。お庭には四季に咲き乱れる花々。この花にミツバチが集まってきます。 日本みつばちの蜂蜜ってこんなに美味しいの!甘いけどスッキリとした後味。自然に口の中で溶けて、何とも優しい花々の強くない香り。私は鶏肉や豚肉によく使います。早速こちらの蜂蜜で一品。目で楽しみ食べて楽しみ、嬉しい日本みつばちの蜂蜜を楽しみたいと思います。 もちろんどちらも無添加非加熱 十分な成熟期間とらずに採取した蜂蜜は、水分が多すぎ味も貧弱なため、水飴やブドウ糖、ショ糖などを足したり、水分を飛ばすために煮詰めたりします。それでも短期間で生産できるため安価な販売が可能になります。 2人のマタギの蜂蜜は、じっくりとミツバチたちによる成熟を待ってから採取するため、添加物を入れる必要が一切ありません。ミツバチが作った純粋な蜂蜜をそのままお届けしています。 また、一般的に巣から蜜を取り出すには、遠心分離機を使いますが、これだとどうしても蜜の中に蜂や蜂の子が入ってしまい、そのためにも加熱処理が必要になります。 田舎と都会の生蜂蜜セットは遠心分離機を使わずに、手作業で2日かけて落ちてくる蜜を集めています。そのため加熱する必要もなく、栄養満点の蜂蜜をお届けできるのです。 ヘルシーで栄養満点 砂糖と比べてカロリー20%以上減 ヨーグルトに ホットケーキに 癖の強いチーズに

商品説明

希少な百花蜜を 奇跡の食べ比べ 田舎と都会の生蜂蜜セット 箱サイズ W65×D187×H60mm 瓶サイズ W55×D55×H58mm ×3個 重さ パッケージ666g 1瓶204g×3個 発送日目安 3~4日 最短での出荷をご希望の場合、お届け希望日を指定せずご注文ください。日程が決まり次第ご連絡致します。
名称: 田舎と都会の生蜂蜜セット
メーカー名: 株式会社オフィスコロボックル
メーカーページ: https://necchu-shogakkou.com/ec/maker/matagi
通常価格:

¥ 4,320 税込

セット内容: 奥会津百花蜜100g×2個 横浜百花蜜100g×1個
産地: 国産
保存方法: 常温
発送目安: 4日
お届け方法: 要確認(記載なし)
消費期限: 製造から6ヶ月
原材料: はちみつ
アレルギー: 無し
アレルギーノート: ハチミツ

レビュー(0件) レビューを投稿する