450 view | 2019/07/02 09:07

ベルビューの夜。老若男女が熱中大乱舞!

会場が一つになった。軽妙なツービートに熱気は頂点に達した。

シアトルジャパンフェア、メインステージでの岡連長、娯茶平連のレクチャーは、15分経過した段階から、日本から参加の熱中連を皮切りに、続々と観客席に上がり踊りまくるステージに上がる熱中人たちが増殖。シアトルに阿波おどりが降臨した歴史的瞬間を会場内の全員が体感共有しました。


この方も! BCA/シアトル熱中 清水校長with堀田さんです♡


1万人近い日米の笑顔が終結したシアトルジャパンフェア2019初日は、朝から大盛況でした。


最大の6コマを使って出展した全国熱中小による日本産品の数々は、現地の皆様が足を止め、美しく手の込んだ日本の美術工芸品に嘆息、次々と手に取り、キャッシャーに向かう姿がずっと続いていました。

「熱中小学校のそもそもとは?」、に興味を示される米人も多く、このプロジェクトにおける活動に大いにご賛同いただきました。


大森特別教諭による「人生100年をどう生きるか」。健康と熱中がキーなんです!

すがすがしいその終焉の瞬間まで、いかに幸せに、創造的に生きるのか。深い!!


日本の食再発見でおにぎり150個の試食付き講義を終えた直後の山田先生。

当地紀伊国屋さんのご協力で販売された先生のおにぎり101レシピの本には、著者サインを求めるシアトルの方々のラインが。


「お詫びがあります。友人である安部首相はG20サミットから抜けられず、残念ながら今回のシアトル参加は先送りに」会場爆笑!

都会のマタギ、熱中小学校用務員 堀田さんは、80名の日本からの熱中ツアーを代表し、GALAパーティの檀上から、滑らかな英語スピーチであらゆる方々への謝辞と、熱中コミュニティの海を越えた団結の喜びをを述べられました。


さあ、Day2。シアトル校の修了式も兼ねたフランドフィナーレでは、地元から参加する連による、阿波おどりコンテストもあります。魅力的なセミナー、授業、出し物がぎっしり。

次のレポートをお待ちください!!



このユーザーのおすすめブログ


  • コメント0件